ケムトレイル911の嘘をくずせ

童子丸 開
「WTC(世界貿易センター)ビル崩壊」の徹底究明―破綻した米国政府の「9・11」公式説

SOBAさんバーナー 明治天皇 坂本竜馬 勝海舟 伊藤博文 西郷隆盛 大熊重信 高杉晋作 桂小五郎 大久保利通が一緒に写っている写真

共謀罪と治安管理社会 ZAKIさんの「共謀罪」プロテストソング
SOBAバーナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

残業代不払い法の、あの柳沢厚労省が今度は「少子化は女性がわがままで産まないから」みたいな発言、その後あの占いの細木数子が、(笑)バナー 女性は「産む機械、装置」 松江市で柳沢厚労相⇒そうそう、あれも熱心だった。(笑) 残業代不払い法の、あの柳沢厚労省が今度は「少子化は女性がわがままで産まないから」みたいな発言、その後あの占いの細木数子が、(笑)バナー

↓最重要バナー、このバナーが広まらないようなら間違いなく我々は負けるだろう

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

愚民党文芸BLOG 全ジャンル一覧 >本・雑誌・コミック 検索 愚民党文芸 【政権交代】検索 愚民党文芸 【日本政治】検索

無料ホームページ ブログ(blog)
愚民党文芸BLOG 【エネルギーの転換を! 原発やめよう! 子供を守ろう!TPP断固反対!】
●掲示板とブログの連動、インターネット自由民権運動で、共謀罪を廃案へ
200602<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200604
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
おーるさんを弔いながら、応募投稿
郵便局の窓口に出してきた。
新潮新人賞応募投稿。
まだ校正と推敲が完全ではなかったが
今日出さないと、機会を逃してしまうと思った。
214枚。
どっと疲れがきた。
郵便局に行く、裏道は河べりで桜並木があった。
枝に花があった。夜桜の路地。
満開は4月に入ってからだろう。

夜桜を見ながら、おーるさんのことを考えた。
おーるさんはぎりぎりのところで表現をしてきた。
インターネットを表現母体とした
サイバーアーティスト、そしてサイバージャーナリストの死だった。
そしておーるさんはインターネットという街頭の詩人だった。
たたかいながら死んだおーるさんは伝説となるだろう。

サイバー村人はおーる神社を建設するだろう。
インターネットにおける、おーる神社である。


小説らしきものは未完成として70年代の末から書いてきた。
書いておいてよかったと思う。
そこでのコンセプトを今、まとめているように思う。
とにかく3年間は応募投稿して行こうと思う。

賞金をめざして、金が入ることを夢みて
書くのだが、ほとんど病気である。
憑かれたように書けば、いつか賞を獲得できるだろう。
自分の小説はいつか本になるだろう。
それを信じて書くしかない。

今回はおーるさんを弔うための応募投稿となった。
次は6/30締め切りの文学界新人賞の応募投稿をめざそうと思う。
100枚以内。
とにかく書いていくことが
おーるさんの弔い合戦だと思う。
生活と表現でたたかうことが、おーるさんの表現に応える道だと思う。

わたしたちはインターネット表現者だと思う。
おーるさんは最後まで表現しながら死んでいった。

ブログで書いて表現していく民衆の声が聞こえる。

インターネットサイバーおーる神社が出来たら
その境内から「新じねん」の神輿が出発する。
神輿が民衆によって担がれ、山車が街頭を練り歩く。
「ワッショイ、ワッショイ」
街頭こそインターネットでありブログだ。
その街頭は世界に接続している。

おーるさんはインターネット表現の可能性を刻印してきた。
権力者どもに負けてはならない。

スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。