ケムトレイル911の嘘をくずせ

童子丸 開
「WTC(世界貿易センター)ビル崩壊」の徹底究明―破綻した米国政府の「9・11」公式説

SOBAさんバーナー 明治天皇 坂本竜馬 勝海舟 伊藤博文 西郷隆盛 大熊重信 高杉晋作 桂小五郎 大久保利通が一緒に写っている写真

共謀罪と治安管理社会 ZAKIさんの「共謀罪」プロテストソング
SOBAバーナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

残業代不払い法の、あの柳沢厚労省が今度は「少子化は女性がわがままで産まないから」みたいな発言、その後あの占いの細木数子が、(笑)バナー 女性は「産む機械、装置」 松江市で柳沢厚労相⇒そうそう、あれも熱心だった。(笑) 残業代不払い法の、あの柳沢厚労省が今度は「少子化は女性がわがままで産まないから」みたいな発言、その後あの占いの細木数子が、(笑)バナー

↓最重要バナー、このバナーが広まらないようなら間違いなく我々は負けるだろう

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

愚民党文芸BLOG 全ジャンル一覧 >本・雑誌・コミック 検索 愚民党文芸 【政権交代】検索 愚民党文芸 【日本政治】検索

無料ホームページ ブログ(blog)
愚民党文芸BLOG 【エネルギーの転換を! 原発やめよう! 子供を守ろう!TPP断固反対!】
●掲示板とブログの連動、インターネット自由民権運動で、共謀罪を廃案へ
200507<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200509
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
逆光線
女の肌に風景は鏡のように映っていた。

故郷の駅から小学校の方向へと歩いていった。

ところどころの玄関に盆の提灯が吊られている。

恵子の家はなかった・・・恵子は小学校の同級生で隣に座っていた・・・

初恋の人だった・・・

そこには【みんと】という店ができていた。

店に入る。
店はお好み焼きを主軸にしたお酒を飲ませる店でもあった。
三角錐の天井が高い大きな店だった。

200円のトマトジュースを注文した。

しばらく冷房に涼んだ。

ジュースを飲み干し、料金を支払いとき
マスターに聞いた・・・
「昔ここにあった家に住んでいた恵子さんを知りませんか・・・」

「ああ・・・親戚です・・・もう20年も会っていません・・・」
マスターは答える。

「恵子さんは生きているんですか・・・」
聞いてみた。

「ええ・・・生きていますよ」
マスターが答えてくれた。

マスターには何を聞くのかという不信の光が瞳にあった・・・

恵子さんの父は5・6年前に亡くなったという・・・

店を出て商店街を歩く・・・
人は誰も歩いていなかった・・・
廃墟となった店がいくつもあった・・・

恵子さんの家は、親戚どおしの財産分捕り戦争があったのかもしれない・・・
それで恵子さんの家は壊されたのかもしれない・・・
解体され更地になった場所に・・・あの店ができたのかもしれない・・・

そう推測しながら、ゴーストタウンのような商店街を突き抜けて、公園にいった。

公園も昔の面影はなく、造成につぐ造成がされていた・・・
土建造成の実験場こそ故郷の壊れた風景だった・・・

家も土地もない人々は追い出されていったと故郷の老人が公園でつぶやいた・・・

故郷は家と土地を持つ人々の町へと変形していた・・・

いまの自分には何もない・・・
あるのは記憶だけだった・・・
真夏だというのに変貌した故郷の光景は冷たかった・・・
自分はまるで異邦人だった・・・

公園で老人がすすめる日本酒を飲んだ・・・
お茶の飲料缶に日本酒をそそぎこんだワンカップだった。
暖かい人に出会うことができて嬉しかった。

公園で故郷の風を感じた・・・
気持ちがよかった・・・
樹木と風は昔のわたしを知っているのか・・・
異邦人となったわたしを歓迎してくれるのか・・・風と樹木の葉たちよ・・・

公園の老人と別れを告げ、また再び町へと歩いていった・・・

壊れた風景そして変貌した光景・・・
優しかった時代は20世紀とともに終わったと・・・そう思った・・・
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。