ケムトレイル911の嘘をくずせ

童子丸 開
「WTC(世界貿易センター)ビル崩壊」の徹底究明―破綻した米国政府の「9・11」公式説

SOBAさんバーナー 明治天皇 坂本竜馬 勝海舟 伊藤博文 西郷隆盛 大熊重信 高杉晋作 桂小五郎 大久保利通が一緒に写っている写真

共謀罪と治安管理社会 ZAKIさんの「共謀罪」プロテストソング
SOBAバーナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

残業代不払い法の、あの柳沢厚労省が今度は「少子化は女性がわがままで産まないから」みたいな発言、その後あの占いの細木数子が、(笑)バナー 女性は「産む機械、装置」 松江市で柳沢厚労相⇒そうそう、あれも熱心だった。(笑) 残業代不払い法の、あの柳沢厚労省が今度は「少子化は女性がわがままで産まないから」みたいな発言、その後あの占いの細木数子が、(笑)バナー

↓最重要バナー、このバナーが広まらないようなら間違いなく我々は負けるだろう

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

愚民党文芸BLOG 全ジャンル一覧 >本・雑誌・コミック 検索 愚民党文芸 【政権交代】検索 愚民党文芸 【日本政治】検索

無料ホームページ ブログ(blog)
愚民党文芸BLOG 【エネルギーの転換を! 原発やめよう! 子供を守ろう!TPP断固反対!】
●掲示板とブログの連動、インターネット自由民権運動で、共謀罪を廃案へ
201708<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
中東太平記

●自分は劇団の制作として1997年から2000年、3年間にかけて寺山修司・白石征/作『中世悪党伝3部作・演出白石征』を上演してきました。太平記の世界です。時代は北条鎌倉政権内における足利尊氏の反旗と鎌倉幕府崩壊、後醍醐天皇政権における内戦、足利尊氏と楠木正成。天皇制における南北分裂。足利尊氏と弟・直義との戦争。裏切りにつぐ裏切り今日の味方が明日は敵、今日の敵が明日は味方という「太平記」は、すざましい戦争演劇でした。密約・陰謀・謀略、中世の乱世とその人間像は、現代の人間を粉砕します。


 芝居はテキストとしての台本によって進行します。音楽家は台本からイメージを汲み取りシーンごとの音楽を作曲します。照明家は台本から明かり投影と色彩を設計していきます。小道具を担当するものは、台本から俳優が持つ小道具をピックアップし、あらゆるところから探し出し無い場合は作ります。舞台美術家は台本から舞台装置を設計し大道具に発注します。衣裳家は台本と時代の資料をみながら役者ごとに衣裳をつくります。舞台監督は稽古過程を把握しスッタフのスケジュールを調整しながら、舞台の幕を開けそして降ろす舞台行為全過程に責任を持ちます。芝居は更地から立ちあがり劇場を現状回復させる更地に戻すことができなければ劇場から損害金を請求されます、劇場での仕込みからバラシまで舞台監督は責任を持ちます。

http://www.asyura.com/0304/war32/msg/573.html



 制作家は企画した時が芝居の始まりです。まず予算を立てます。台本の進み具合をみながら俳優をさがします。スッタフへの交渉、稽古場の確保。自分たちの芝居が現社会にとってのテーマであるとする情報宣伝仕掛けを考えます。なによりも重要なのは演出家の話しを聞きながらコンセプトを演出家に提起することです。コンセプトがなければ興行としての芝居は成立しません。1円でも入場料をとればすでに商業芝居です。



 台本を舞台にあげるのが演出家です。稽古は俳優の台本読みから開始され台本を持った立ち稽古、そしてキャステング。俳優が台本を手放したときから演出家との協働による空間創造が開始されます。演出家は空間を具現化するために、音楽家・照明家・舞台美術家・衣裳家がアイデアを設計してきた内容と協議します。最終的な設計図が出来あがりオペレーターのもとに設計図をわたすことができます。

 嘘の世界を本物の世界であると錯覚させる舞台行為は、ひとりの人間のエネルギーを全面的に発動させ、それが芝居の集団的エネルギーとなって、舞台を更地に戻す最終過程まで疾走します。その基軸が台本です。俳優は全過程を台本に呪縛されます。そして舞台が終えた時、この社会の幽霊となります。俳優の条件とはいかに生活が舞台の錯覚世界から世間様に復帰できるかの能力の是非です。台本に呪縛されたままの俳優は、次なる舞台行為としての目標が皆無となればルサンチマンとしての人生が待っています。こうして多くの俳優は世間様から奈落の底に落下してきます。舞台の恐ろしさは拍手をもらうことです。俳優は何か自分の人生が拍手されたと錯覚します。しかしその拍手は芝居集団が総力をあげて創造した嘘の全体空間への拍手だったのです。

 同じく注目され芝居をする人間として世界政治家がいます。
俳優と世界政治家は”嘘”を本業とします。この本業を同一化させたのがロナルド・レーガンでした。舞台はロッジクの力ではなくマジックの力です。マジックを支えるのは舞台の奈落です。舞台の上手と下手にある袖です。舞台の上にある吊り天井です。奈落とは舞台板の下にある闇の空間です。芝居屋ではこれまで何人も舞台の奈落に落ち死んでおります。「一寸先は闇」とは芝居用語です。シーンからシーンに移行するとき舞台は完全暗転になります。暗転とは闇のなかで舞台を転換することです。俳優にとってもスッタフにとっても恐怖です。芝居屋はここで何人も大怪我をしております。”嘘”をマジックで錯覚させるためには命がけです。明かりがまったく消えた闇の舞台から袖まですばやく帰還できる動物的感覚身体を俳優は本番で訓練していきます。

 ”嘘”を本業とする芝居屋と世界政治屋は人間ではなく動物です。動物的方向感覚のみが「一寸先は闇」の世界で生きぬいていけます。その頭脳展開力は知識のためにあるのではなく仕事のためにあり、セリフを体に入れ空間と観客反応を瞬時に計算するために全面発動します。集中力の極限はスポーツ選手と同様です。空間動物の技術それが芝居です。
芝居屋と世界政治屋は人々を騙(だま)しの地平へと誘惑します。

 騙すことが本業である芝居屋と世界政治屋には人々からけして見えない90%の領域を舞台成立のため確保しています。ここで舞台技術は全面的に発動しています。この領域を隠すために暗幕が使用されます。舞台後景にある大黒幕、俳優のデハケ、舞台装置・小道具・大道具を隠すためにある袖幕。この上手下手にある袖から舞台装置を転換させます。命がけで仕事をします。この領域は絶対に人々に見せないことが鉄則です。さらに舞台の効果を全面的に発動させる音響室・調光室は人々には見えません。人々の後ろにあります。芝居屋と世界政治屋の舞台とは人々を錯覚させるためにある集積庫であり黒子の仕事場です。舞台後景大黒幕の後ろは俳優。スッタフが下手から上手に移動するための通路です。出演者は舞台に登場するまで隠れています。そして黒子は永遠に隠れ黒い衣裳を着て動物の臭覚で仕事をしています。裏方なしに舞台は成立しません。観客接待は表方と呼ばれております。映画ではひとりの俳優に10人の裏方がつきます。

 隠すことを本業とする芝居屋と世界政治屋は”目潰し”を用います。目潰しは舞台から人々に強い照明を当てることです。舞台は闇になり、転換が可能となります。芝居屋と世界政治屋の隠す技術の総和こそ現在進行形です。演出家は人々の視線と感情を洞察し、いかに隠すかに総力をあげます。10%のために90%を隠す、これが演出の力です。このために照明家の仕事はあります。芝居屋と世界政治屋の舞台は確かに前近代です。民主主義は学芸会芝居と生徒会のためにあります。民主主義は芝居屋と世界政治屋の仕事を崩壊させます。芝居屋と世界政治屋の技術こそ古代から継承蓄積されたものであり、動物としてのメディアを全面発動させます。演出家は大統領のように独裁者であり独裁体制によってこそ芝居屋と世界政治屋の人材は育ち舞台の幕をあけることができます。これは陰謀です。

 陰謀を本業とする芝居屋と世界政治屋は空間を捻じ曲げます。

芝居屋と世界政治屋の違いは一点です。世界政治屋は墓場まで本音と真相を持っていきます。隠すことが生涯としての職業です。芝居屋は本音と真相を暴きます。墓をあばき死体を舞台にあげ語らせる行為こそ芝居屋の生涯としての職業です。この一点の違いは古代から変わりはありません。

芝居屋と世界政治屋の共通する一点があります。真理は人間にあるという一点です。


それでは台本読みの稽古をはじめましょう・・・・


芝居にはテキストとサブテキストがあります。サブテキストとは見えない言葉でありテキストを吐く人間の動物的起動なり生活背景です。テキストを読むあなたは素材を料理します。それがサブテキストであり、あなたの想像力です。想像力のない俳優は棒読みしかできません。朗読の条件は言葉ではなくテキスト存在としての人間空間を伝達することです。
ゆえにテキストは解体され分解され解析されていきます。この言葉を発した人間身体へと接近するのが俳優の仕事であり、追体験の稽古を得て役作りができます。配役とは現実の総量であり、舞台は俳優によって現在進行形となります。それがドラマを成立させます。
------------------------------------------------------------------------------
 ワークショップ台本    中東太平記―2003年3月7日
              ------------------
 ●俳優訓練のために
  稽古場の電気明りを消す。俳優はそれぞれ手燭を持って登場する。
  手燭の造り方は手のひらサイズの板の中心に裏から釘を出す。そして10センチのコワリ(垂木でもよい)を平板に釘で打ち付ける(持つ部分)中心に出ている釘の先端にろうそくを差し込む。この台本では男優3人、女優3人、6人で構成されている。
俳優は自己の感情・意味・説明解釈を剥奪して表現する。
男優1------------------------------------------------
「米軍が車列に意図的に発砲」
 ロシア大使が証言
【モスクワ=嶋田数之】
バグッダドを退去したロシアのチトレンコ駐イラク大使は7日、車列が銃撃されたときの模様について「米軍が意図的に発砲してきた」と証言した。退去先のダマスカで記者団に語った。ロシアのインターネット通信「ストラナル」が報じた。

 米軍の銃撃が確認されれば、外交問題に発展する可能性もでてきた。

 銃撃された情況や、大使「意図的」と判断した理由についての言及はなかった。しかし大使は、重傷を負った大使車の運転手席から、米軍が使用するM16自動小銃の弾丸が複数個見つかった、と明らかにした。

女優1-----------------------------------------------
   米補佐官訪ロ戦後問題協議  外相と会談
   【モスクワ=嶋田数之】

 ライス米大統領補佐官(安全保障問題担当)は7日、モスクワでイワノフ外相と会談した。

 会談後、補佐官は「いい話し合いだった」と記者団に語ったが、内容には言及しなかった。

ロシア外務省筋によると、会談はイラク問題の協議が中心だった。この日バグダッド中心部に侵攻した米英軍の動向について、補佐官から説明があったと見られる。

 今後の展望について補佐官は、米英軍による占領統治で当面の秩序と治安を回復した後、イラク人による暫定政権を経て民主政権を樹立する、というブッシュ大統領の構想をあらためてロシア側に説明した模様だ。

 イワノフ外相は、国連を中心とする国際社会が戦後復興の主軸となるべきだ、という立場を米側に伝えたと見られる。

 このほか来月の米ロ首脳会談の準備情況、バグダッド効外でのロシア大使館一行への銃撃事件なども話し合われた。

女優2-------------------------------------------------

       数日でバグダッド制圧 米大統領補佐官が見通し

 【モスクワ7日共同】ライス米大統領補佐官(安全保障問題担当)は7日、モスクワでのプーチン・ロシア大統領らとの会談で、あと数日でバグダッドの事実上の制圧が完了するとの見通しを示した。米ロ関係筋が明らかにした。

 同筋によると、米軍はバグダッドの大統領宮殿の占拠などを通じ、民衆を巻き込んだ大規模な抵抗はないとの判断を固めている。

 バグダッドの共和国防衛隊に対して、首都放棄を迫る最後通告を出すことも検討しているという。

 補佐官はまた、イラクの戦後の統治体制や復興問題をめぐり、米国が準備している国連安全保障理事会の決議案への支持をロシア側に強く求めた。

 補佐官は同決議案について、人道支援などは国連の管轄とするものの、イラクの戦後の統治体制は米国主導で進める基本線を譲らないとの立場を説明。統治体制も含め国連の枠内に置くことを主張するロシアに譲歩を求めた。

 この点でロシアが譲れば、イラクが破壊した油井など石油関連施設の復興を国連の管轄とすることを決議案に盛り込む用意も示したという。


女優3----------------------

AM
1:00
(6日現地20:00) 米英軍のサダム国際空港掌握後、両軍として初めて米C130輸送機が着陸。ロイター通信などが報道。
1:49
(6日現地20:49) バグダッドに入る道路のすべてを米陸軍と海兵隊が掌握、バグダッドを完全に包囲と、CNN従軍記者が米陸軍筋の話として伝える。
10:30
(現地9:30) 「イラク戦争に続き、対SARS(重症急性呼吸器症候群)戦争が登場した。さらに北朝鮮の核拡散に対する戦いが待っている。人類はすでに第3次世界大戦に突入した。過去の大戦と違い、この大戦には国連での外交戦、イラクでのハイテク戦、テレビを通じて人の心に迫る人間性の戦いの三つの戦場がある」(台湾の呂秀蓮副総統が台北で開かれた国際シンポジウムの参加者と会見して)
11:30 東京商工会議所で大手流通グループ・イオンの岡田元也社長は「スーツケースの売れ行きが激減するなど人の流動性がなくなり、閉じこもるようになっている」とイラク戦争が個人消費に与える影響を分析。
PM
12:30
(現地7:30) イラクのテレビが、米英軍の戦車などを破壊した者にはフセイン大統領が賞金8000ドルを与えると発表。英BBCが伝えた。
13:18
(現地8:18) 米陸軍第3歩兵師団の第2旅団がバグダッド中心部を攻撃中とAFP通信が報道。
14:30
(現地9:30) 大統領宮殿で米兵が「旗」を掲げた、と米FOXテレビが報道。
14:31
(現地9:31) 米軍が三つの大統領宮殿を制圧とAFP通信が報道。
15:00 東京株式市場は、日経平均株価が前日比175円86銭高の8249円98銭で取引終了。終値で8200円台は3月28日以来。「大統領宮殿占拠」の報道を受け、午後2時半ごろから急騰した。市場関係者は「戦争が終わったような空気が市場に広がった」。
15:02
(現地10:02) 情報省、外務省はイラク側が掌握しているのを目撃とロイター通信が報道。
15:06
(現地2:06) 米国防総省当局者が、バグダッドでの作戦は「武力の誇示」であって現時点では「バグダッドの決戦」ではないと語ったとロイター通信が報道。
15:30
(現地10:30) サハフ・イラク情報相が会見で、「米軍を撃退した。バグダッドは安全だ」と反論。
15:45
(現地9:45) 空母キティホークでデワルト広報官が会見、米西海岸サンディエゴを母港とする空母ニミッツがペルシャ湾周辺に到着したことを認める。「6日はバグダッド市内及び市周辺で、燃料運搬用トラックなどに爆弾計23個を投下」とキティホーク艦載機の活動を報告。
16:19
(現地11:19) 英軍がバスラで「ケミカル・アリ」の異名を持つ南部地域の指揮官アリ・ハッサン・アルマジド将軍の死亡を確認したとAP通信が報道。
16:32
(現地11:32) 米海兵隊が南東方向からバグダッドに入ったとAFP通信が報道。
17:00 外務省の竹内行夫事務次官が会見で「最終局面に近づいているのかなという感じもするが、最後まで見届けないと何とも申し上げられない。
17:09
(現地12:09) バグダッド南東部に通じる二つの重要な橋が損傷し、戦車が渡れないとロイター通信が報道。
17:50 山崎拓自民党幹事長が国会内で記者会見。「大量破壊兵器がみつからなくても戦争を正当化できるのか」との質問に対し、「その時の状況によるが、国連決議に基づき行われた戦争だ。(大量破壊兵器は)戦後、所在を確認しなければならない」。
18:57
(現地13:57) 英軍数百人がバスラ中央部に入り、大学を制圧とAFP通信が報道。
19:44
(現地14:44) 「検査装置が何かを示している。大量破壊兵器の貯蔵施設である可能性がある場所を見つけたということだ。これはまだ第一報の段階だが、直接的な証拠になるかもしれない。ただ、ガスが立ちこめて兵士の命を危うくするというような話ではない。あくまで施設そのものの話だ」(米陸軍第3歩兵師団の広報担当者がロイター通信に)
20:00
(現地7:00) ブッシュ米大統領が、ブレア英首相との首脳会談のため北アイルランドに出発。
20:30 柔道の84年ロサンゼルス五輪金メダリスト山下泰裕・東海大教授は、ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議する五輪ボイコットで、80年モスクワ大会に参加できなかった。「僕が五輪に出られなかったことと、目の前で家族を失う悲しみとは次元が違う。フセインが正しいとは思わないが、力で他国を屈服させ、自国の主義主張を強いることはできません。イスラム社会の憎しみを生み、ますますテロが頻発するのではないでしょうか」と神奈川県の自宅で。
23:41
(現地18:41) バグダッド中心部の住宅地にミサイルが飛来し、市民9人が死亡したとの目撃者の話をAFPが報道。


男優2----------------------------------------------------
    米、予想以上の進展  
    【クウェート市=野嶋剛】

 開戦から19日目での、首都の拠点制圧。米軍にとっても予想を超えるような、思い通りの展開は、記者が目撃したイラク軍の「手応えのなさ」が大きく関係してると感じる。
米海兵隊第1海兵師団のある推奨は3月20日の開戦前夜、クウェートの砂漠に造られた司令部で従軍の記者団に対し北上作戦の概要を説明しながら、「1カ月でバグダッドを包囲できればいいんだが」と漏らした。

 部隊はクウェートからナーシリヤを抜け、クートを目指した。しかし、最初に国境を守るイラク兵や戦車がまったく見あたらず、戦争の早期集結を予感した。実際、道中の手ごわい「敵」だったのはイラク軍や共和国防衛隊ではなく、民兵のサダム殉教者軍団だった。

 今月2日にはクートの南のリファーイで、イラク軍のT55戦車4台が米海兵隊に挑んだ。だが、米軍が動いたのは、戦車でも装甲車でもなかった。小型の軍用車両を戦車の脇に回り込ませ、車両に搭載された高性能の小型ミサイルで全台を破壊してしまった。その装備、武器の能力に彼我の差がありすぎ、「戦闘」が成立していないとすら思えた。

 海兵隊だけではない。

 陸軍も英軍も大規模会戦を1度も経験しないまま、バグダッドやバスラの包囲が完成されたようである。長く伸びた戦線で戦力が手薄になった個所をたたく、といった戦術すら試された形跡がない。

 ナーシリヤ市内を越えた連隊がその後、イラクの殉教者軍団との市内戦闘で補給路を寸断され、食糧や燃料にも事欠く数日があった。もし、イラク軍は動かなかった。

 大規模な空爆で無力化されたこともあるだろう。しかし、記者はむしろ、当初からかなり戦意を喪失しているのでは、という気がしていた。80年から8年続いた対イラン戦争、91年の湾岸戦争、さらに経済制裁下、とイラク国民は20年以上も苦境に置かれている。

 海兵隊の幹部は以前、記者に「首都の包囲後は攻略を急がない。相手の抵抗次第だが、タオルを絞るように包囲網をじっくり狭めていくだろう」と強調していた。それを米軍が首都の包囲から制圧へと素早く動いたのは、これまでの戦闘でイラク軍の実態が崩壊に近い、と判断したのではないだろうか。


男優3-----------------------------------------

       サハフ情報相   知名度高い知性派
    【アンマン=小森保良】
 米英軍のバグダッド侵攻に、「市内にアメリカ人はいない」「ここは米兵の墓場になる」。イラクのサハフ情報相(63)が情報戦で必死に米英側に応戦している。イラク軍の「優勢ぶり」を内外に強調し、国民の抵抗を呼びかけのが狙いだが、最近の強弁ぶりには、追い詰められたフセイン政権の焦りものぞく。
 
 6日の記者会見。「サダム国際空港は今もイラク軍が把握している」「【米軍がバグダッド市街に侵入した】などというのはまったくのでたらめだ」「虚偽の情報を米英軍が流すのは、かれらが追い詰められている証拠だ」サハフ情報相米軍の「サダム国際空港占拠」や「市街街に侵攻」をあらためて否定した。

 バグダッド空爆が始まった直後には、市内中心部にあるプレスセンターに車で駆け付けた。世界中の関心がフセイン大統領の動静に集まる中、「大統領は健在だ。空爆の影響はまったくない。死亡情報は米英が情報戦の一環で流しているものだ」。その直後に大統領がテレビに登場。情報相の言葉に重みが出た。

 しかし、イラク軍の劣勢が明らかになっても、情報相は「敵がまもなく撤退するだろう」などと主張。その言葉と、現実の乖離が日ごとに激しくなってきた。

 バグダッド大学で英語を専攻。国営テレビ・ラジオ局の幹部に就任し、ニューデリーやローマ駐在大使を歴任。92年から01年まで外相。国際的知名度が高く、フセイン政権の閣僚の中では知性派のイメージが強かった。

 しかし、現在はイラクの広報官役として、フセイン大統領の演説を国営テレビで読み上げることも多い。客観的な戦況とはかけ離れ、徹底抗戦を叫ぶ大統領の忠実な代弁者に徹する姿は、知性派としてのプライドをかなぐり捨てているようにも映り、悲壮感さえ漂わせている。

女コロス(女優1・女優2・女優3)--------------------
            英軍  バスラほぼ掌握
         【アンマン=国末憲人

 イラク南部バスラを包囲してきた英軍は7日の記者会見で、市内のほぼ全域を掌握した、と述べた。現地からの報道では、数千人の英歩兵部隊をが攻撃ヘリコプターなどの支援を受けながら、前日に続いて再び市内に侵攻した。フーン英国国防相は、英軍がこのまま市内に残留する方針であることを明らかにした。英軍によるとイラク側民兵約3000人を殺害。英軍側も3人が死亡したという。

男コロス(男優1・男優2・男優3)---------------
      「米が近く南部に行政組織」 豪首相
       【シドニー=大野拓司
     
 オーストラリアのダウナー外相は6日、豪民間テレビのインタビューに答え、ブッシュ米政権は近くイラク南部のウムスカルに行政組織を発足させるとして準備に入ったと語った。外相は3月末から米国を訪れ、ブッシュ大統領らとイラク再建問題などを協議、このほど帰国した。

 外相によると、ブッシュ大統領はこの行政組織を「フセイン後」のイラク再建を担う米主導の暫定統治機構設立に向けた前段と位置付け、米国防総省の幹部らで構成する「イラク復興人道支援室(ORHA)」を中心に設置する。ORHAはすでにクウェートで活動を始めており、豪のスッタフも加わっているという。

●全員、手燭のろうそくの炎を消す。炎は命の象徴でもある。
●稽古場の明りをつけると、全員床に倒れている。バグダッドの死でもある。

         台本出典*朝日新聞朝刊・京都新聞朝刊(2003/4/8)

●音声表現でのワークショップは、たとえば「音声」という言葉を出す場合、必ず「お・ん・せ・い」と解体して声を出す。俳優は「音声」という意味説明を伝達することに初期からやっていくと言葉としてのセリフは流れてしまう。重力が喪失してしまうのである。意味説明は市民社会の日常の言葉でしかない。読み書き言葉では観客の身体へと届かない。日本語音声表現の原基はひらがな表記である。中国・朝鮮から伝来した漢字をひらがなの1音に転換することこそ俳優身体である。俳優の音声は日本人遺伝子の身体を振動させていくのである。芝居は霊的な構造世界がある。俳優の感情表現などは西欧演劇かぶれしたものどもにある。心理劇などは近代の破綻と一緒に劇構成をつくりあげることはできない。俳優の音声は1音1音踏みしめながら出す舞踏譜である。

 その場合、低音から高音の領域を拡張させることに重点を置く。セリフは俳優身体による演奏でありイメージの変容でもある。この言葉を発する人間の動物的身体へと接近させるのが俳優の反復稽古である。日常人間の意味言葉は観客に次なる言葉を洞察させてしまう。観客に次なるセリフを予感させてはならない。間の登場である。
俳優の仕事は観客を騙しの地平へと誘惑する・・・・詐欺行為である・・・

 何故、俳優訓練に新聞記事を用いるかは、今やあきらかであろう。
新聞記事とは観客を不断に裏切るためにあり、世界政治屋の舞台がそこに実在しているからである。芝居屋はそこに侵犯する。

-------------------------------------------------------2003/3/21

中東太平記
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。